期間限定でオープンするピーチ専科ヤマシタ直営桃の家カフェ「ラ・ペスカ」

旬の桃の味を広く知ってほしい・・・」そんな思いから始まったピーチ専科ヤマシタが、山梨県の桃の出荷が最盛期を迎える6月から9月の非常に短い期間限定でオープンする直営桃の家カフェ「ラ・ペスカ」。サンサンと降り注ぐ太陽のもとで育った新鮮な自社栽培の果物を使用してパフェやジェラート、トースト、サンドウィッチなどを提供しています。周囲を桃畑に囲まれた緑の中に、木造の建物がありました。

店内は柔らかい照明に照らされ、木製のテーブルと椅子、窓際のカウンター席とがあり、温かく落ち着いた雰囲気を醸し出しています。一階のテラス席や外の階段を上がる二階のデッキのテラス席は開放感があります。

人気No1メニューは、桃が丸ごと1個以上入る桃のパフェ「ピーチジュエル」950円です。パフェグラスには皮つきでカットされた桃が丸ごと一個乗っかっているかのように上部に丸くなるように置かれていてインパクト大です。真ん中にも桃が盛られ、その下には生クリーム、クランブルクッキー、桃のジェラートが層をなしています。化学肥料を使用していないので皮つきのまま食べられ、皮を破った際に口いっぱいに広がるジューシーな桃の果汁の衝撃は強烈です。果肉が本当に甘いのです。そしてステキな香りとしっかりとした食感、皮ごとの桃の醍醐味を堪能できるパフェなのです。

人気No2メニューは、桃とチョコジェラートのコラボが楽しめる「ピーチソレイユ」850円です。器にのってドドーンと登場します。桃を丸一個使ってるのではないかと思われるカットされた皮つきの桃が層になっていて、真ん中には太陽をあしらった様になめらかなチョコジェラートがトッピングされています。このチョコジェラートが旨く、爽やかな甘さで美味しい桃にチョコのがっしりとした甘さがコラボして、甘味に変化をもたらす相性の良さがあり、飽きない味で最後まで楽しませてくれます。

おすすめは「ピーチトースト」650円と一緒に「桃の紅茶」500円。もっちりとした厚切りのトーストにたっぷりの桃バターを塗って、皮を剥いた肉厚の甘い桃をたっぷりとのせています。桃のピューレがかかり、桃バターの香りとジューシーな桃の甘みがマッチして食べ応えのある一品です。これは抜群に美味しかったのである。そして「桃の紅茶」は、生の桃以外にもリンゴ、キウイ、オレンジ等を入れたジャードリンク・ピーチティーで、流行のボトルでお洒落に仕上がっています。フルーツの甘みが紅茶に移り、飲む度に香りと味わいが変化して楽しませてくれますし、後味もスッキリでピーチトーストとの相性抜群ですよ。